PMSを薬で改善する方法【イライラダウンの秘訣】

女性

女性に多い悩みです

女性

月経前の時期に起こる様々な精神的、身体的不調のことをPMS(月経前症候群)といいますが、このPMSに悩まされている女性は大変多いことでしょう。このようなPMSに対処する方法としては、食事療法、運動療法などがありますが、こちらと並行して治療薬を飲んでみるのもよいかもしれません。

Read More...

原因を明確にして治療する

薬

PMSとは月経前症候群と呼ばれ、月経の1〜2週間前から出現し月経と同時に消失する不快症状のことをいいます。原因は不明ですが、女性ホルモンの変動ではないかと言われています。症状が強ければ、漢方やピル、市販薬など薬での治療も可能です。いずれにしても的確な診断を受け、正しく服用することが大切です。

Read More...

毎月の苦痛から解放

女性

PMSは月経前症候群の略称で、排卵期以降の黄体ホルモンが分泌されることで起こります。頭痛などの体調不良からイライラなどの精神的なものまで様々な種類の症状があります。PMS向けの薬もあるので我慢せずに専門家に相談しましょう。

Read More...

生理前の女性の味方です

薬

女性特有の悩みに負けない

女性の多くが経験する、生理前の不調。普段は平気なことにイライラしたり、怒りっぽくなってしまったりすることはありませんか。時には、胸が張ってくるような症状で、不快な思いをしている人も少なくありません。これは生理前に出てくる女性ホルモン(エストロゲンとプロゲステロン)の急激な変化のせい。月経の3〜10日前に始まって、月経と共に軽くなっていくPMSという症状なのです。毎月訪れるこのPMSですが、病気ではないし仕方ないと、我慢するしかないとあきらめてはいませんか。実は、女性を長年苦しめてきたPMSが、今は薬を使って治せるんです。日本ではまだ一般的ではありませんが、スイスやオーストリアなどのヨーロッパ地域では、一般医薬品として、親しまれています。この薬を長期的に使用することによって、胸の張りや頭痛といったフィジカル的な症状の回復はもちろんのこと、イライラや落ち込んだ気持ちなどのメンタルの回復もみられます。これは、育児でどうしても休めないお母さんや、大事な会議を万全な状態で迎えたい働く女性にとって、大変頼りになる薬です。でも忙しい毎日を送る中で、薬を飲むのを忘れることもあるかもと、心配になるかもしれません。しかし、市販せれているPMSの薬は1日1錠の服用で大丈夫。グリーンスムージーやアサイーなどの軽い朝食の後でも、お守り代わりに1錠服用するだけで大丈夫なので、毎日の負担になることもありません。こういった利便性もあり、今少しづつ日本でもPMSのお薬が浸透しているのです。

安全性の高い西洋ハーブ

さて、薬の重要性はわかっていても、女性の身体は大変敏感なため、服用に際して躊躇している人も多いのではないでしょうか。しかし、安心してください。薬を服用するここのPMSを和らげる薬として使われているのが、安全性も高く、有効性も高いとされる西洋ハーブです。西洋ハーブの歴史は大変古く、ギリシャ・ローマ時代から欧州諸国で医療として使用されてきました。古くは、紀元前460年ごろに267の薬草を使って理療をしていたとの記述が残っています。そしていまでも、その安全性と有効性は評価され、様々な症状の緩和に役立っています。このPMSに使用されている西洋ハーブも、それらのハーブと同様に安全性も高く、基本的に副作用は少ないとされていますので、安心して長く服用を続けることができるのが特長です。また、このお薬、身近な薬局で買うことができるのも長く続けられる特長のひとつです。忙しくて病院に行くことができなかったり、病院にいくことにハードルを感じる女性にとっては、大変便利なシステムです。購入方法は簡単で、気になる症状が本当にPMSに当てはまるのかどうかを、最寄りの薬局の薬剤師に相談して、PMSによるものと確認できれば、その場で購入することができます。また、一度購入した際についてくる「購入カード」を次回購入時に提出すれば、これまでの購入履歴を確認できるので、スムーズに購入することができ、時間の節約にもなります。時間の制約も少なく安全なものですので、気軽に始めてみることをお薦めします。