PMSを薬で改善する方法【イライラダウンの秘訣】

女性

原因を明確にして治療する

薬

様々な不快症状と原因

PMSとは女性の月経前症候群のことを指します。月経前症候群とは、月経の2週間から1週間前から起こり、月経の開始と共に症状が消失することが特徴です。その症状は、精神面ではイライラして怒りっぽかったり、感情に波があり些細なことで気分が浮き沈み、優鬱な気持ちが長引いたりします。身体面では、乳房が張ったり頭痛がする、ニキビや肌荒れ、むくみなどもあります。これらの症状が原因で、不眠になることや、逆に眠気が強くなりぼーっとしてしまうこともあります。このようにPMSは様々な症状を引き起こすのです。月経の周期に合わせて症状が出たり消失したりするのがPMSの最大の特徴ですが、その原因は明確にはなっていません。しかし、排卵や月経によって大きく変化する女性ホルモンの影響が大きいのではないかと推測されています。女性であれば、多かれ少なかれ誰しもが女性ホルモンの変動の影響を受けて、月経前の症状を自覚する方が多いでしょう。しかし、その症状がより強く出て、それが原因で苦痛を感じたり、日常生活に影響を及ぼす場合を主にPMSとして定義しています。一般に、PMSと診断された場合にも、規則正しい生活リズムやバランスの取れた食事、適度な運動やストレスを発散する楽しみを持つことなどでもその症状の苦痛は和らげられるとも言われます。しかし、仕事や楽しみでさえも手に付かないほどの症状がある場合は、薬に頼る方法もあります。この場合に使用される薬は、処方薬や漢方、市販薬などいろいろあります。いまは心療内科などでも処方されることが多くなっています。

的確な診断後に服用する

PMSに使われる漢方薬は、様々な症状を緩和させる意味で使用されます。漢方薬はその他の内服薬とも併用が可能で副作用の心配もないので服用されている方も多くおられます。そして、婦人科受診で処方されるものとして頻度が高いのは経口避妊薬としても知られる「ピル」です。この「ピル」を医師の指示通りに低用量正しい用法でみ続けることによって、女性ホルモンの量がひと月を通じてほぼ一定に保たれます。これにより、ホルモン量の変動で生じるとされているPMSによる不快症状を抑えることが可能なのです。この場合ピルは長期間ほぼ毎日服用する必要があります。もちろん医師の指示を守り適切に服用していれば過度な心配はいりません。しかし、ピルを長期間服用すると血栓ができる頻度がわずかに高くなったりするという報告もあるのです。ピルを服用する際には、体調の変化に留意し、定期的に受診することが大切です。また、最近では市販薬としてPMSに効果がある薬が発売されています。チェストペリーという果実の乾燥エキスが有効成分で、この成分にはプロラクチンというホルモンの分泌を抑える作用があります。この作用によって、女性ホルモンのバランスを整え、PMS症状を緩和すると言われています。市販薬なので薬局で購入することが出来ますが、現在のところは薬剤師が常駐している店舗に限り購入が可能となっています。特に市販薬の場合、注意したいのはその症状が本当にPMSによるものかどうかということです。様々な症状の裏には何か別の病が隠れている事もあり得るので、正しい薬の服用の為にはまず、的確な診断を受けることが大切です。