PMSを薬で改善する方法【イライラダウンの秘訣】

女性

女性に多い悩みです

女性

このような症状だったら

女性にとって、月経は大切な毎月の体の起こるサインでPMSもありますが、この月経前の時期に起こる、精神的・身体的な不調のことを(月経前症候群)と言います。このPMSで悩んでいらっしゃる方は女性なら大変多いのではないでしょうか。このPMSの症状は多岐にわたり、なんと200種類以上とも言われています。代表的な症状としては、精神的な症状だと、イライラする、憂鬱になる、ぼーっとする、泣きたくなる、集中できない、やつあたりする、などというものがあります。身体的な症状としては、疲れやだるさを感じる、眠くなる、乳房がはる、腰痛、むくみなどがあげられます。いずれも女性が日常生活を送る上で、非常につらいものです。ひどい方になると、仕事などに支障がでる場合もありますので、なんとか対処方法を見つけたいと皆さん思っていらっしゃるのではないでしょうか。PMSへの対処方法としては、食事療法、軽い運動療法などがあげられます。まず食事療法ですが、PMSの時には空腹でイライラしやすいものですから、血糖値が低い状態をなだらかに改善するために食事を小分けにし、間食をとるようにするとよいでしょう。その際の間食にむいている食品は、ヨーグルトやナッツ、果物やドライフルーツなどがおすすめです。またカフェインなどの刺激物が入っているものはなるべく避けるようにし、女性ホルモンに似た働きのあるイソフラボンなどを摂取するようにするとよいでしょう。イソフラボンは豆腐や豆乳などに含まれています。

食事や運動などの他には

軽い運動でおすすめなのが、ヨガやストレッチですが、散歩をしてみるのもよいでしょう。このように食事や運動などで対処しつつ、PMSの症状を緩和する薬を飲む方法をとるのもよいかもれません。薬局やドラッグストアなどにはPMSに効果があるといわれる薬品が販売されていますので、そのような薬を飲んでみるのもよいでしょう。また中には、PMSの症状が本当に辛くて、寝込んでしまったり、仕事に行けなくなったりしている方もいるかもしれません。そのような方は、医療機関を受診し、自分の今の症状にあった薬を処方してもらうのもよいでしょう。薬局などで販売されているPMSの治療薬を購入するときは、薬剤師にいろいろと相談してみましょう。また続けて飲むことで症状が改善される効果があるようなので、続けて飲んでみましょう。PMSの治療薬については、インターネット上に詳しく説明している専用サイトがありますので、今現在PMSに悩んでいて、薬を飲んでみようかなと考えている方は、一度このようなサイトをじっくりとご覧になってみてはいかがでしょうか。他の方のPMSの症状なども載っていて、自分だけ苦しんでいるわけではないんだと少しは気が楽になるかもしれません。また医療機関を受診されるときは婦人科を受診されるかと思いますが、精神的な症状が強い方は、心療内科や精神科などを受診される場合もあるでしょう。低容量ビルや精神薬などの薬物療法が中心ですが、副作用のない漢方薬を使用した治療も行なわれています。